【ここを見て】人の本質を見抜く5つのポイント

相手の本質を見抜いて自分を守りましょう

私は営業という仕事柄、人と接する機会が多く、これまで様々な人を見てきました

人と接する上で、相手の本質を見抜くということは、円滑な人間関係を築くのに

とても重要です

今回は営業歴17年の私が、人の本質を見抜く5つのポイントをお伝えします

相手の本質を見抜いてトラブル回避

人と接する上で相手の本質を知ることはとても重要です

相手の本質を知ることで、その人に合った距離感や付き合い方をすることが出来るからです

相手の本質を知っておけば、相手のされたくないことも事前にわかるようになり、トラブルを回避することができます

 

1.色んな角度から相手を見てみる

まず、相手を見る時に一部分を見て全てを判断することはとても危険です

ひとつダメなところがあったとしても、たまたま見たその部分がダメだっただけで、すべてがダメというわけではありません

逆に、第一印象が良い=良い人ということはありません

色んな角度から相手を見て総合的に判断するようにしましょう

 

2.先入観で決めつけない

先入観や思い込みで相手を判断するのはおすすめできません

転職を繰り返しているから仕事が出来ない人、○○大学を出ているから頭が良いなど

先入観というのはこちらが相手に対して抱いている勝手なイメージです

職場の環境や人間関係が合わず転職する人や、より良い環境を求めて転職する人もいます

海外などではキャリアアップの為に転職をすることはよくあることなので

転職を繰り返しているからといって悪いイメージを勝手に持ってしまうのはよくありません

そして、偏差値の高い大学を出ているから頭がいい=仕事も出来る、というのも根拠のないものです

勉強は出来るかもしれませんが、勉強が出来るからといって仕事が出来るかと言ったらそうとも限りません

先入観ではなく、その人自身を見て判断するようにしましょう

 

3.相手の言動と行動が一致しているか見る

相手の本質を見る時、その人の言動と行動が一致しているかを見ます

口では大きなことを言っていても、実際の行動が伴わず、実際には何も成し遂げられていない人は実はたくさんいます

口が達者な人の側に近寄るときは、相手の言葉は鵜呑みにせず、話半分で流すようにしておきましょう

 

4.相手ときちんと話をする

人の本質を見抜くためには噂や前情報は参考にする程度にし、すべてを鵜呑みにしてはいけません

人には合う合わないがあります、たまたまその人と合わなかっただけで悪く言われてしまっていたなんてこともあります

実際に会って話してみたら聞いていたイメージと全然違っていたということもあるので、自分が直接接したうえで相手を判断するようにしましょう

 

5.トラブルが起こった時の対応を見る

トラブルが起こった時の対応を見ればその人の素の部分がよく出ます

・責任転嫁するような言動

・言い訳を繰り返す

・非を認めて謝罪をしない

このような態度の人には注意が必要です

トラブルが起こってしまった時、真摯で誠実な対応をしているかに注意して相手を見るようにしましょう

 

まとめ

人の本質と言うのは隠そうと思っても行動や言動の端々に出てくるものです

相手の本質を見抜くことできれば、相手との距離感や接し方を変えることが出来ます

相手と良い距離感さえ保てれば、人間関係は円滑にすることが出来ます

注意深く観察すれば、意外と簡単に人の本質と言うのは見抜くことができますので

ぜひ5つのポイントを参考に相手を見てみてくださいね