【口コミ】レゴランドジャパン名古屋ってどんなところ?

f:id:yachiyochiyo:20210719225922j:plainレゴランドジャパンは開業5周年

2017年4月にOPENし、今春開業5周年のレゴランドジャパン

気にはなるけど「規模の割に入園料が高い」「食事が美味しくない」といった声も聞かれるので、実際はどうなの?と思っている方も多いかと思います

今回はレゴランドジャパンの年間パスポートを所持してる私がレゴランドジャパンはどういったテーマパークなのかを解説していきたいと思います

レゴランドジャパンとは

レゴランドジャパンとは愛知県名古屋市にあるレゴブロックのテーマパークです

世界で8番目に開業したレゴランドで、12歳までの子供を対象としたテーマパークです

・ファクトリー
・パイレーツ・ショア
・ナトキング・ダム
・レゴ・シティ
・アドベンチャー
・ブリックトピア
・ミニランド
レゴニンジャゴー・ワールド
大きく8つのエリアに分かれており、それぞれのエリアにはそのテーマに沿ったアトラクションが設置されています

アトラクションの他に無料で体験できるワークショップなども開催されています

ワークショップは当日窓口で申し込むことができ、人気のものはすぐに予約がいっぱいになってしまうので、入園後すぐに申し込みに行くのがおすすめです

※ワークショップで作ったレゴは持ち帰りができませんのでご注意ください

 

疑問1.入園料は高い?

まずレゴランドにはピーク・オフピークという2種類の料金形態があります

さらに入園料は当日に購入するのか、事前購入するのかによっても料金が異なります

 

年間パスポートも3種類あり、所持している年間パスポートによっては入園できる日にちに制限があることなど、初見ではとにかくややこしいという印象です

料金が高いか?に関しては、比較しているテーマパークによって大きく異なるのではないかと感じました

例えば、ディズニーリゾートと比べると同じくらいの入園料で広さが約5倍近くも違います

さらにレゴランドの閉園時間は17時と早く、規模と遊べる時間の短さを考えると入園料が高いと感じてしまう人も多いのではないかという印象でした

 

◆年間パスポートがおすすめ

レゴランドに入るのに普通にチケットを購入するよりも、思い切って年間パスポートを購入してしまう方がお得です

年間パスポートデビュー・キャンペーンというキャンペーンを利用すると当日チケットを購入するのと同じ金額で「スターター」という種類の年間パスポートを購入することができます

年間パスポートを所持していると、下記の特典がついてきます

・限定ブロックプレゼント
・レストランでの食事10%OFF
・対象レストランの優先案内(土日祝限定)
・お誕生日月のお買い物が20%OFF
・ポップコーン割引

【※注意事項※】

このデビューキャンペーンの年間パスポートは、レゴランドのチケットカウンターでは販売されておらず、公式ウェブサイトかセブンイレブンでの事前販売のみとなっていますのでご注意ください

 

疑問2.アトラクションの数はどのくらいあるの?

f:id:yachiyochiyo:20210719230009j:plain

レゴランドは東京ドーム約2個分の面積ですが、アトラクション数は40個以上とかなり多い印象です

前述したディズニーランドで比べると東京ドーム約11個分の広さの中にアトラクション数は39個です

比較するとレゴランドは狭い敷地内に様々な施設があることがわかります

レゴランドは12歳までの子ども向けのテーマパークであるという点において言えば、少ない移動距離で、アトラクションなどの遊ぶ施設が密接しています

子どもが移動したり、アトラクションで並ぶ時間の長さなどを考えると、負担の少ない施設だと感じました

そして、身長制限や年齢制限などで乗れないアトラクションがほぼないという点においても、徹底した子ども向けのテーマパークであるという印象を強く受けました

 

疑問3.食事が高くて美味しくない?

レゴランドの口コミで『内容の割に食事が高い』というものが多かったので、そちらも調べてみました

レストランは園内に5か所、軽食を販売しているスタンドは8か所あります

味に関しては可もなく不可もなく、すごく美味しい!という感じでもなければ、すごくマズイ!という感じでもありませんでした

料金に関しては、少々高いのはどこのテーマパークでも同じなので、レゴランドが特別高いといった印象はありませんでした

レゴランドでは園内でアルコール類の提供はありません

飲食の持ち込みは原則NGですが、離乳食やアレルギーがある方はお弁当などの持ち込みが可能です

カバンにしまえるサイズの水筒(500ml程度のもの)であれば持ち込みが可能です

実際に行くと水筒を持っている子どもたちを多く見かけます

食事に関しては、隣接されているメイカーズピアという商業施設があるので、そちらでご飯を食べてから入場するのもおススメです

 

疑問4.レゴランドは再入場できないって本当?

レゴランドは持っているパスポートによって再入場に関するルールが異なります

1DAYパスポート ⇒ 再入場NG
コンボ1DAYパスポート ⇒ 1回のみ再入場可能
年間パスポート ⇒ 何度でも再入場可能

1DAYパスポートは再入場ができません

忘れ物があっても取りには戻れないので、事前に忘れ物がないかチェックをしてから入場するようにしてください

コンボ1DAYパスポートという種類のパスポートは、併設されているシーライフ名古屋に行くことができるパスポートになっており、こちらは1回のみ再入場可能です

そもそもレゴランドはパーク内だけでも十分に楽しめる施設になっているため再入場ができる設定になっていません

ATMなどもパーク内にあるため、このような理由で再入場をすることもできないのです

その点、年間パスポートなら何度でも再入場可能なので、外にご飯を食べに行って戻ってくるなど、自由に行動することができます

 

疑問5. レゴランドには専用の駐車場がないって本当?

通常、テーマパークには専用の駐車場が併設されていることがほとんどですが、レゴランドには専用の駐車場がありません

近くに巨大な立体駐車場があり、そこに停めてレゴランドまで歩きます

駐車場からレゴランドまでは約5分程です

駐車場とレゴランドの間にメイカーズピアという商業施設があり、何もない道を歩く訳ではないので、レゴランドまで歩くことに関してそこまで苦痛には感じませんでした

ただし、駐車場には割引はないので、最大料金が平日1,000円、休日が1,500円かかります

電車でのアクセスは名古屋駅からあおなみ線金城ふ頭駅」で下車

レゴランドまでは徒歩で約10分です

 

疑問6.食べ物系のお土産が少ないの?

レゴランドには食べ物系のお土産がとても少ないです

グッズはランチ類やステーショナリー、Tシャツなど、食べ物系に比べれば比較的多い印象でした

当然ですが様々な種類のレゴが売っていて、玩具屋さんでは取り扱っていないような種類のものもあり、見ているだけでも楽しくなります

 

公式オンラインショップが期間限定でOPEN

レゴランド(C)・ディスカバリー・センターが期間限定で初めてオープンした公式オンラインショップでは

公式オンラインショップでしか購入できない限定品をはじめ、 店頭では手に入らない特別パッケージや特別価格での商品を販売しています

レゴファン必見のアイテムがたくさんです

期間限定ですので、こちらからぜひチェックしてみてくださいね

 

まとめ

レゴランドに対して辛口な評価やコメントを見かけますが、それは大人目線で見た時のもので、実際に行ってみると子どもはとても喜んでいました

そもそもレゴランドは12歳までの子どもの向けのテーマパークなので大人目線で見れば物足りないのは当然です

レゴランドはキャンペーンを利用すれば1DAYパスポートを買うのと同じくらいの値段で年間パスポートを買えるので、近場の方は年間パスポートを所持して何度も訪れるのがおすすめです