chiyolog

15年間、営業の仕事をしてきて感じた人との関わり方や、様々な場面で使える心理テクニックをご紹介します

『あせも』になってしまったら?治し方や予防法

f:id:yachiyochiyo:20200816230833j:plain

「あせも」になってしまった時の治し方や予防法

連日暑い日が続き、汗もたくさんかきますよね

特に子どもは少し油断するとすぐに「あせも」になってしまいます

しかし、あせもは子ども特有のものではなく、大人でも気を付けないと出来てしまうものです

この記事ではあせもの治し方や予防法をご紹介します

 

そもそも「あせも」って一体なんなの?

あせもは汗の出る穴が詰まってしまい、炎症を起こしてしまっている状態です

あせもは漢字で「汗疹」と書くように、汗が原因で起こる湿疹のことを指します

 かゆいので我慢できずにかいてしまい、掻き壊しが原因で悪化する場合もあります

 

あせもの治し方や予防法

出来てしまったならできるだけ早く治してしまいたいですよね

そして出来ればあせもにならずに過ごしたい、あせもの治し方や予防法をご紹介します

 

1.お風呂やシャワーで汗を流す

あせもの原因となる汗をお風呂やシャワーで流します

その時の温度はぬるめにします、熱すぎると汗をかいてしまって逆効果になってしまいます

石鹸は使用しても問題ありませんが、ゴシゴシ洗いは禁物です

 

2.濡らしたタオルで体を拭く

出先などでお風呂やシャワーが難しい場合は、水などで濡らしたタオルで汗を拭くだけでもだいぶ違います

乾いたタオルで拭くよりも濡らしたタオルで拭く方が効果的です

 

3.清潔にした後は保湿をする

夏場なのに保湿?と思われがちですが、適度に保湿をすることで乾燥を防ぎ肌を健やかに保つことで、あせもの予防にもつながります

 

4.こまめに着替える

汗でぬれた服を着続けるのはよくありません

通気性・吸水性の良い素材を選び、汗をかいた時はこまめに着替える習慣をつけましょう

 

5.部屋を涼しくする

クーラーや扇風機を使って汗をかかない環境を整えることも大切です

暑すぎる日は部屋の中で過ごすという選択肢もいいかと思います

 

6.爪を短くしておく

爪って知らない間に結構伸びていたりしませんか?

爪を短くしておくことで掻き壊し予防になりますので、こまめにチェックするようにしましょう

 

ベビーパウダーは使わない方がいいの?

あせもができている時につけすぎると汗腺をふさいでしまう恐れがあるので

使用する際は薄くつけるくらいがベストです、つけすぎに注意しましょう

 

塗り薬も注意が必要な場合があるって本当?

ステロイド配合の塗り薬は効果は高いですが、化膿した部位に使用すると悪化する場合があります

ステロイド配合の塗り薬は作用の弱いものから強いものまで様々です

副作用などが心配な場合は医師や薬剤師と相談して使用するのが安心です

 

あせもがひどくなると「とびひ」になる

あせもがひどくなるととびひになる場合があります

特に子どもはかくのを我慢できません

たかがあせもと思わず、ひどくなってしまう前に皮膚科を受診することをおすすめします

 

まとめ

ちょっとしたポイントを押さえるだけで、あせも予防は簡単にできます

まだまだ暑い日が続きますが、熱中症だけでなく「あせも」にも気をつけましょう